teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:takaメール  投稿日:2005年 9月14日(水)14時40分40秒
  レポありがとうございます。
個人的な好みでは、赤身みっちりのステーキって好きですね。
いつか純正オイルの容器サイズのステーキを食べたいと思ってます(^^;

最近ふいに食べたくなるのはジンギスカンでしょうか。
それを食べさせてくれる店が増えてきたので、いずれと思っていますが。
 
 

ミネソタ食事情報

 投稿者:kita@ミネソタメール  投稿日:2005年 9月13日(火)11時23分34秒
  私の滞在先のダウンタウンには日本食レストランが1件しかないそうです。アメリカでは日本食ブームとか言っているのを日本で見ましたが、この地では日本食なんて全然縁も無ければ、だれも興味ないみたいです。

1ヶ月間の滞在なので、仕事仲間(アメリカ、ノルウェ、オランダ人)と一緒にいろいろと美味しい店を聞いては食べにいっています。お洒落な店が結構ありますし、100年前に建てられたという木造の元ホテルがレストランになっているとかあります。このレストランでは、注文した品が届いた時に全員で笑ってしまう程の巨大なステーキでした。厚さは日本で見たことがあるステーキの2倍でしょうか。でも完食しましたけど。これは結構旨かったです。ワインを飲んで、一人40ドル出すとかなり旨いものが食べられます。これって、日本の飲み会の会費より安いじゃないですか。それを考えると、外食は概して安いです。
こちらで食べた物では、パンをオリーブオイルに浸して食べる店が多く、それが旨かったなあ。肉類は日本の霜降りには負けます。やっぱり日本の霜降りはこちらの肉より柔らかくて溶けますからね。ドライブするとアメリカは牛を放牧しているのを沢山見かけます。だから手が掛かっていないので安いのでしょう。
しかし美味しい魚料理もあります。見たことがない白身魚とか、名前を聞いても分からないです。ただしどれもフライにしたりしているので、脂ののったサンマ焼きとかが食べたくなります。
 

サイパン

 投稿者:kita@管理人メール  投稿日:2005年 6月28日(火)23時53分53秒
  今日の夜に陛下は帰国されましたね。サイパンってそれほど近い島なんですよ。
海が綺麗で、タポチョ山という小高い山があって、私の知り合いの現地のチャモロ人の方々は丘の途中に家があり、街が見渡せて素敵な家ですよ。バルコニーも広いし。

そのタポチョ山のどこかに、私の母の妹がまだ見つからずに眠っています。山の中を逃げ回っている間に祖母と一緒に亡くなり、山に埋めたそうです。戦後に私の母が遺骨収集団で行き、祖母の骨は見つけたそうですが、妹を埋めた場所はどうしても分からなかったそうです。きっと爆撃で地形が変わってしまったのかもしれません。私にとって、母からその話を聞いていましたので、戦争はまだ終わってなんかいない気持ちです。

グルマンネタらしくしたいのでサイパンの料理のお話をしましょう。
ここで珍しいのは、「やし蟹」。やしの木にしがみついているカニです。
サイパンに行ったら一度は食べてみてください。
 

サイパン島

 投稿者:yama  投稿日:2005年 6月27日(月)22時47分41秒
  トップに出ていましたね。
以前から呼びかけていましたよね。私は行ったこともない土地ですが、小学生の時に少しだけ戦争の話を聞いて、ショックを受けた一人です。

戦争って何を生むんでしょうか。悲しみと憎しみが増えるだけじゃないのかな?と思います。
人間の一番汚いところと愚かなところが凝縮しているのが戦争のような気もします。

第二次世界大戦は60年前に終わりましたが、その後一日も戦闘の火が消えたことはないと何かのコラムで読みました。それと第二次世界大戦は今も続いていると・・・。

どうしたら争いのない世界になるんでしょうね。
皆がお互い思いやりを持って暮らしていくことって難しいのかな?

グルマンなテーマじゃなくてすいません(汗)
 

牡蠣

 投稿者:taka  投稿日:2005年 6月10日(金)20時22分29秒
  都内にいくつかあるオイスター(牡蠣)バーやレストラン。
牡蠣好きな私は常日頃から行く機会を伺っております(^^;
機会があればご一緒に。

五反田のトウキョウオイスターバー
http://www.oysterbar.jp/

品川のグランドセントラル
http://www.oysterbartokyo.com/

都内色々
http://www.oysterbar.co.jp/

そう言えばGWにkitaさんに見立ててもらい買い求めた白。
銘柄は忘れてしまいましたが、うまかったですね。
 

フランスの牡蠣と日本の牡蠣

 投稿者:kita@管理人メール  投稿日:2005年 6月10日(金)19時20分23秒
  フランスの牡蠣は丸い殻で、味も全然違うそうですね。生で食べるには日本産よりフランス産のほうが美味しいらしい。ただし小粒なので、カキフライにするのは盛岡あたりのものが美味しいそうです。ところで、丸い殻の牡蠣って日本で売っているんでしょうか?食べてみたい。  

シャブリ

 投稿者:kita@管理人メール  投稿日:2005年 6月10日(金)12時52分52秒
編集済
  年数の若いシャブリと、10年以上のシャブリでは、全く違うワインに変化していますね。若いうちはほとんど白なのに、10年によって黄金色になり、香りも夢のような気分にさせる、まるで媚薬のようになりますから。ああ、またビンテージワインが飲みたい。
Hobby Worldワイン会用にいくつか用意してあるのですが、今の私にはまだ主催する元気がないのですみません。主催する前に会場を探したり、人を集めるのが大変なのです。ビンテージワインはキャンプ場では美味しく飲めません。振動させてしまっては、折角のワインが台無しですから、やはり会場を用意して開催しないとね。
しばらくはこうして昼休みのひと時に書き込みすることで許されたし。
 

生牡蠣とワイン

 投稿者:6号パンツァー  投稿日:2005年 6月10日(金)12時02分35秒
  胃腸のあまり強くない私ですが、不思議と牡蠣(カキフライでも生牡蠣でも)に当たったことはありません。生牡蠣とワイン、たらふく食べて飲んでみたいですね。

ワインといえば、この間久しぶりに見た「バルジ大作戦」で、テリー・サバラスが乗ったシャーマンにてんこ盛りになった荷物からワインが転げ落ちるシーンは有名ですが、いつかジオラマにしてみたいですね。
ドラゴンの88、車輪だけであんな数のパーツ、初めてみましたよ(^_^)。
 

神の雫

 投稿者:かつての常連@そのうち復活  投稿日:2005年 6月 9日(木)20時57分53秒
  「神の雫」の連載、私も毎週興味深く読んでいます。
大変意義深い内容のエピソードでは、シャブリと生牡蠣の相性の話でした。
「美味しんぼ」作者の雁屋哲氏は、かつてその作品の中でワインに含まれる有機酸塩は魚介類の生臭さを増幅させるとして、生牡蠣とシャブリは最悪の組合せと断じていました。
しかしシャブリには二種類の性質の異なるものがあることを実際に牡蠣と試飲してつきとめてみせた点、まさに目から鱗の心持でした。
なんと高級なシャブリほど相性が悪いとは!改めてワインの世界は謎に満ちていると思い知らされました。
 

イエローテイル

 投稿者:kita@管理人メール  投稿日:2005年 6月 7日(火)15時04分51秒
編集済
  ワインといえば、デイリーワインとして飲むには十分満足いくのが、最近売り出している「イエローテイル」です。オーストラリア産です。カベルネ・ソーヴィニオン、メルローなど、ブドウの品種毎にでていますので、そのブドウの特性を知るにはとてもいい教材でもあります。1本1000円なのが嬉しいです。  

レンタル掲示板
/10